天然のあかり みつろうキャンドル kinty Bees wax candle


天然のあかり手作り蜜蝋キャンドル。オーダーメイド・手作り教室・キャンドルナイト・デコレーション・ウエディングなど、お問い合わせはkinty@excite.co.jpまでお願いします。
by kinty
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

帰ってきました!

2月に南インドへ出かけて、、、、
現地にて、ツナミツナミツナーミ!!!って聞いて
ネットチェックすると、そこは仙台!!!!
えーーーー!!
さっそく日本へ電話すると、全く繋がらない。そりゃそうだ。
心配でたまらない気持ちで、帰ってきました。

13日成田で、マウイ帰りのオータムたちが待っててくれて、丸一日以上かかって仙台につきました。
ひとりじゃなくて本当によかった。
成田からガソリンスタンドの長い列。
地震の被害を見ながら帰ってきた。

近所の道路はひび割れて、液状化して波打っているような状況。
停電のため信号機は消えたまま。
割れたガラス、崩れた建物。お店はほとんど閉まっていた。
マンションに着いて、ひとりじゃ見る勇気なく、オータムに付き合ってもらい
ドアを開けると、一歩も踏み入れないほど、物というものが散乱し落ち割れ、
冷蔵庫やでっかい本棚、椅子までも倒れ
まるで巨人が大暴れしたようでした。


電話の着信履歴もわからなくなったりするくらい、
旅で出会った友達、高校の同級生や、遠くの友達たち、
ほんとたくさんの大丈夫?生きてる?のメールや電話に励まされました。


わたしは、たいした被災していなくて、
家は片付ければいいだけだし、
食料にも困らなく、1ヶ月ガスが使えなかったくらい。
仕事も復旧作業がすぐに始まり、恵まれている状況です。


そして、徐々に友人たちの無事がわかって、ほっとしましたが、
アリエルは天に還ってしまいました。
さみしい。悲しいよ。
キャンドルナイト手伝ってくれた、きれいなディーバ。
来世もディーバになって帰ってきてね。


毎日、メディアからは悲惨な状況の報道。
全てを津波にさらわれてしまって、体ひとつなんとか逃げれた人、
大切な人を失った人、大勢。
心からお悔やみを申し上げます。
ごめんなさい何もできなくて。

こんな悲しみだらけの世界に一瞬でなってしまった。
なんという現実でしょうか?
こんな日がくるとは、誰も想像していなかったのに。


それと、原発からの放射能汚染。
取り返しのつかない事になってしまって。
大半の放射能は海へ流され、雨となってまた陸へ戻ってくるでしょう。
何度も濃縮を繰り返し、地球の生き物への汚染はじわじわとどんどん広がるでしょう。
六ヶ所の再処理の反対をしていた時に、声が届かなかった人達にも
原発の事すら考えていなかった人も事故が起きると気づくのですね。
人間がちゃんと扱えないものを作ってはいけない。
人が作る機械に絶対の安全なんてありえない。

日本はこれからどこへ向かって行くのでしょうか?
第3国へと向かって行くのでしょうか。
それでいいと思います。
便利さを追求するあまり、誰かの大切な命を傷つけて本当に幸せなのでしょうか?

そんな様々な事を考えてしまったりで
頭が、パニックになりました。(買いだめに走ってはない)
みんななったと思います。
不安と悲しみ、恐れ、、、、色んな気持ちでぐるぐるです。

そんな中、被災地へ物資を運んだり、お見舞いへいったり、
その時、私が誰かのために出来る事をやれるだけで幸せなんだと気がつきました。


生かされた私たちは、なんとしても生きていかなければなりませんね。

夢と希望を持って前進していきましょう!


たくさんのつながりにつながっていって
人の為に働いて行きたいと思います。

余震が怖くてキャンドル作りはできなかったけど、
そろそろ復帰します。


遅くなりましたが、東日本大震災後の報告でした。
わたしは元気です。
[PR]
by kinty | 2011-03-31 07:39 | ノート

検索

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
環境・エコ

画像一覧