天然のあかり みつろうキャンドル kinty Bees wax candle


天然のあかり手作り蜜蝋キャンドル。オーダーメイド・手作り教室・キャンドルナイト・デコレーション・ウエディングなど、お問い合わせはkinty@excite.co.jpまでお願いします。
by kinty
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

報告!みつばちはなぜいなくなったの?

日曜の久志富士夫さんのみつばちのお話を聞いてきました。
西洋ミツバチが、ウイルスや病気に弱いのは知っていましたが、
病気に強い日本ミツバチまで死んでいたとは・・・

久志さんは長崎の方で、長崎県では、農薬のダントツという商品名の
ネオニコチノイド系殺虫剤で、ミツバチをはじめ様々な種の動物や生物が死にいたっている!!
と伝えてくれました。

全ての農薬は安全じゃないし、
作物は、地中の小さな虫や微生物たちが作り上げているのに、
薬品をかけて殺してまで作ろうとするのですかね?

農家の方は市場に出る商品には、虫食いを防ぐ為、農薬まいてきれいに作って、
自宅では農薬をかけていない野菜を食べているって聞きます。

そこにネオニコチノイドという成分の農薬が出回ってきていて、
フランスやドイツなどヨーロッパでは使用禁止されているものを日本は使っていて
作物を作る上で重要な働きをするミツバチたち(他にツバメやスズメなども大量に命を落としているそうです。

ネオニコチノイドは、神経系に作用して、巣に戻ってこれなくなり、
巣箱にも蜜が残った状態でミツバチたちがいなくなっているそうです。

わたしは、蜜蝋でキャンドルを作り始めたくらいのときから
なるべく農薬のかかっていない、地元の食べ物を食べる様にしていますが、
みなさん大丈夫でしょうか?
特に、ハウスで栽培されているものは、農薬がかけられているものが多く
作物の内部へ浸透するそうで、非常に危険です。
私たち消費者が無農薬、安全な食品をもっと望めば、生産者の方も変わってくれると思います。
現に、生産者の方が農薬で体を痛めている方が多いそうです。

防毒マスクをして、殺虫剤をかけている野菜食べたいですか?
安全だと思いますか?
知っていはいたけど、今一度、残念な気持ちでいっぱいです。


○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○

そして、お知らせですが、仙台ミツバチユニオンの方のご紹介です。

藤原 誠太さんが来仙するそうです。
岩手県の葛巻にある森と風の学校にて、
日本ミツバチワークショップに参加した時に色々と教わりました!ステキな方です~

ここからは仙台ミツバチプロジェクトより↓
先日は美味しんぼにも出演しちゃってた藤原さんですが、藤原さんのお話はホントに面白いですよ!ハチに対する藤原さんの超純粋な想いと、ミツバチという生き物のすごさ、そしてハチが私たちに教えてくれることの多さにどんどん引きこまれちゃいます。銀座をはじめ日本全国あちこちで始まっているまちなか養蜂の仕掛け人であり、日本ミツバチ研究の第一人者でもある藤原さんの講演会、お見逃しなく!

藤原誠太氏講演会
ミツバチたちとつくる杜の都・ふれあいの街
日時:3月19日(金)19:00開演(18:30開場)
会場:仙台市市民活動サポートセンター・セミナーホール
   (仙台市青葉区一番町四丁目1-3)
参加料:無料
お問い合わせ:仙台ミツバチユニオン(このブログの右側「メッセージを送る」よりどうぞ)

仙台ミツバチプロジェクトは仙台クリエイティブ・クラスター・コンソーシアム認定プロジェクトです。

藤原誠太氏 プロフィール
養蜂家。東京農業大学農業拓殖学科卒業。在学中に北南米で約1年間養蜂研究を行った。独自に日本ミツバチの飼育法を開発(藤原式)、養蜂関係特許多数保有。東京農大「食と農の博物館」で一般向け養蜂スクール開講ほか、各地で養蜂についての講演・実演。
藤原養蜂場場長、(有)藤原アイスクリーム工場専務取締役、日本在来種みつばちの会会長、東京農業大学客員教授(バイオビジネス)。
[PR]
by kinty | 2010-03-16 12:20 | イベント/販売

まちなかecoマルシェ仙台

去年、出店したかったエコマルシェ!
今年もはじまるそうです~
仙台の中心部、パタゴニア仙台さんの隣の公園にて開催です。
お天気良いとといいなぁ~

マーケットって良い天気が一番!ふと思い出しますが、
アルゼンチンのブエノスアイレスでの日曜のマーケット~
市街地中心の公園がアンティークの屋台や雑貨、手作りのアクセサリー、洋服、パントマイム、オーケストラ、タンゴダンサー、いろんな人たちが、路地で楽しませてくれていました。
付近道路も、日曜は車両通行止めで、オープンカフェでコーヒーを飲む人たち
ゆっくりと日曜を楽しむ人々でにぎわっていました~!
仙台でもそんな風に日曜を楽しめたらいいな~

イベントって、共通の想いをもって場所を作る人たちと、
興味をもって集まるお客さんたちによって作り出されるふいんき。
エコマルシェは、きっとステキで気持ちがいいんだろうな~と想像しています!
楽しみです。
当日は、エコロジーショップ enagyさんのブースにて出店しております。
よろしくおねがいします!

まちなかecoマルシェ2010
3月第4土曜日 3月27日(土)
日時:毎月第4土曜11:00~15:00(冬季除く)
会場:新伝馬町公園(広瀬通と中央通(クリスロード商店街)の間)

出店:↓前回11月の出店者さんたち
おひさまや様(オーガニックスイーツ)、カフェひつじ屋様(手作りお菓子)、庭音tei-ne様(手仕事のもの)、三浦隆弘様(名取市在住・農家、セリなど)、由利設計工房様(stained glass Ginga様のガラスのコースター&ペンダント)ほか
内容:乾燥生ゴミと野菜の交換、食品(野菜、パン、お菓子など)・雑貨など販売。
備考:マイバッグ・箸・カップ持参推奨。2009年は8~11月開催。
[PR]
by kinty | 2010-03-08 06:30 | イベント/販売

みつばちはなぜいなくなったの?

おしらせします~。
ご興味のある方、タイミングが合えばぜひ!
私も聞きに行く予定です。

『知りたい!聞きたい!ミツバチはなぜいなくなったの?~久志冨士男さんをお迎えして~』

●日時 3/14(日)17:30より(開場17:15)

●場所 エル・パーク仙台 5F和室

●参加費 1000円(資料、茶菓子つき)

●主催 ハニービート

●お問い合わせ 木村  070-6493-7529


なぜ、ミツバチは消えたのか?

農作物に多大な影響が出ている「ミツバチ消滅」問題が世界中で報告されています。宮城でも数万単位のミツバチの死骸が見つかったという報告も。身の回りで何が起きているのでしょうか?、壱岐・五島で絶滅していたニホンミツバチを復活させた久志冨士男さんに、
ミツバチの生活・行動・飼い方などを楽しく、自然・人との関わり、農薬被害などを詳しく語って頂きます。

○久志冨士男(ひさしふじお)さんプロフィール

1935年長崎県生まれ。長崎県在住。アジア養蜂研究協会会員。日本蜜蜂研究会会員。
20数年前からニホンミツバチの生態研究と普及に専念。
「壱岐・五島ワバチ復活プロジェクト」主幹。ニホンミツバチと相思相愛なダンディーさん。
[PR]
by kinty | 2010-03-08 06:22 | イベント/販売

検索

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
環境・エコ

画像一覧