天然のあかり みつろうキャンドル kinty Bees wax candle


天然のあかり手作り蜜蝋キャンドル。オーダーメイド・手作り教室・キャンドルナイト・デコレーション・ウエディングなど、お問い合わせはkinty@excite.co.jpまでお願いします。
by kinty
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:灯し方*使い方( 1 )

kinty candleの灯し方

買って頂いた方、貰った方などkinty candleをお持ちの方へ
ケアの仕方無駄なく使う方法を説明をしたいとおもいます。

みつろうはミツバチが集めてくる花の蜜により香りや色が異なります。

ミツバチがお腹から分泌する体液で蜂の巣の壁などに使われています。

天然のものですのでひとつひとつ同じものはありません。

灯す場所(屋内・屋外)で風の強さ、温度などの気象状況で

炎の大きさ、蝋の溶けかたが違います。


*火を灯すと2~3時間後に蝋が溶けたプールができます。

プールの周りに壁ができているかどうか見てみましょう。

温かいと蝋はぐにゃぐにゃ柔らかくなっています。

内側にやさしく押し壁(どて)を作ります。

蝋が流れ出さないため、プールをうまく保つためです。

d0101651_21182925.jpg
この壁が高くなりすぎたり、厚くなってしまっている場合、

火を消して壁が柔らかいうちに壁(みつろう)を、ろうのプールがこぼれない高さで
カットしてしまうのもOKです。

カットして取った蜜蝋で芯を真ん中にくるようにぐるぐる巻きつけたり、
好きな形に粘土のように形を作ってキャンドル作りをやってみるのも楽しいですね!

みつろうは、温めれば何度でも柔らかくなります。


*もしも火が小さくてか弱い時。大きすぎる時。

溶けた蝋の量・芯からの深さ・水位で、炎の大きさが変わります。

炎の大きさは小さくなったり大きくなったり常に変わります。

小さくて消えてしまいそうな時もあるし、大きすぎてどんどん蝋を燃焼してしまう時もあります。


大きすぎる時は壁を中央へ押し込んで蝋を溶かして水位をあげたりします。

芯が長くなると炎が大きくなりすすが出たりしてしまいます。

一度火を消して芯をプールの上から5mm程度にカットしてあげます。

残ったみつろうをくべてあげるのもいいです。


小さすぎる時は溶けている蝋を外へ流し出したりします。(高温になっているので十分に注意!)

この場合は私は使い切ったティーキャンドルのカップに芯を立てて流し入れたりしています。

外に出さなくても次第に炎が大きくなる場合が多いですが、待ちきれない時ありますね。

前にも書いていますが、壁の部分をプールが保てる高さで、壁をカットしてあげてもいいと思います。

プールの高さと芯の長さの密接な関係を上手に保って下さい!


*ひとつひとつ手作りのため芯が中央になっていない場合があります。

蝋が溶けてから、一度火を消して、針金などで芯の横にぐいっと2cmくらい差し込み

ぐいっと中央にずらします。

火は円状に蝋を溶かしていきます。

私の作る小さな円柱形のキャンドルは、溶ける直径をキャンドルの直径のギリギリ内側に設定して作っています。

芯が中央になっていなかったり、風が当たったりした場合蝋が外側にたれ流れたり、燃焼時間が減ってしまいます。詳しくは次の項目で。



*もしもプールが崩壊してしまった場合(蝋が垂れ流れてしまったら)まず火を消して

固まるのを待ってすこし温かい内に(柔らかいうちに)流れ出た場所に

壁を作るように補修してあげます。そうすればまたプールができます。

流れ出たろうをプールにくべてあげるのも忘れずに!


*キャンドルの上手な消し方ろうの溶けたプールの中に芯をたおして消す方法があります。

煙が出ず、甘い香りが特に感じられる瞬間です。

*香りを楽しみたい方

プールにアロマオイルなどを数滴落とすだけでアロマキャンドルに変身します!

そのままでもみつろうの甘い香りがほんのりします。


*みつろう溶け残った蝋は、何度でもまた溶かし使うことができます!

○とけ残りを集めてキャンドルを作りましょう♪

湯煎で溶かしましょう。

プリンカップなどに、芯(綿や麻などの自然なもの)を真ん中に立て流し込む。


○ほんの少しのみつろうで、ホホバオイルなどと合わせれば、リップクリームの出来上がり♪

みつろうは抗菌作用が高くたくさんの化粧品に配合されています。


○家具やフローリングなどの艶出しワックスにも


○防水仕上げにも


こんな時はどうすればいい?ってときにはメール下さい。
kinty@excite.co.jp
[PR]
by kinty | 2007-10-17 22:52 | 灯し方*使い方

検索

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
環境・エコ

画像一覧